ピコレーザー

照射時間が短いから、
皮膚へのダメージが軽減。

img_treatment_pico-laser

ピコレーザーとは

凜メディカルクリニックでは世界最短パルス幅(照射時間)を誇るアメリカのSyneron-Candera社製(シネロン・キャンデラ)の医療用レーザーPicoWay(ピコウェイ)を導入しています。従来のQスイッチレーザーは、照射時間がナノ秒(10億分の1秒)であるのに対して、ピコウェイはピコ秒(1兆分の1秒)単位で発振することができます。照射時間が短いことで、熱発生が軽減され、皮膚へのダメージが抑えられます。日本の厚生労働省、米国FDAの承認を受けているレーザー機器です。
従来のQスイッチレーザーや光による治療は、光熱作用によってメラニン色素を破壊するため、強く照射すると熱傷や炎症後の色素沈着リスクがありました。熱の広がり方やパワーは、パルス幅(照射時間)によって異なります。パルス幅が短くなると周りの組織に熱が広がりにくく、ピークパワーが上がります。ピコウェイは、従来のレーザーよりも短いパルス幅(ピコ秒)により、高いエネルギーが実現できました。ターゲットとなる色素粒子をより微細に破壊することが出来ることでで、少ない治療回数でより早く除去することが可能になりました。
ピコウェイは、1,064nm、730nm、532nmの3種類の波長のレーザーが照射できるため、様々なタイプの皮膚のお悩みに対応出来ます。

FEATURES

治療の特徴

ピコスポット

(シミ・そばかす)

従来のQスイッチレーザーよりも照射時間が短く、熱をほとんど発生しないため、照射後に出来てくるかさぶたは、薄くて剥がれやすくなりました。数の多いシミやそばかす、光治療などでは難しい薄い色のシミにも対応が可能です。

ピコトーニング

(肝斑・くすみ)

低出力で全体を照射することで顔全体にある細かいメラニン色素を分解し、お肌のくすみをとり、トーンアップや美肌効果が期待できます。肌表面に刺激を与えずメラニン色素を少しずつ分解・排出していくため、肝斑に対して内服治療とともにピコトーニングをしていただくことも有効な治療です。

ピコフラクショナル

(ニキビ跡のクレーター・毛穴の開き)

従来のフラクショナルレーザーは、皮膚の表皮に極小の穴を開け、皮膚に物理的なダメージを与えることで、肌再生をさせる方法で、照射時の痛みが強かったり、ダウンタイムが発生するというリスクがありました。ピコフラクショナルでは、レーザーの衝撃波で表皮内に微小の空洞を作ります。皮膚表面には穴が開かず真皮層の細胞を刺激してコラーゲンやエラスチンの生成を促進し、肌質改善などに効果が期待できます。
皮膚へのダメージが少なく、従来のフラクショナルレーザーよりダウンタイムが短いことが特徴です。

ピコダブル

ピコダブルは、「ピコトーニング」と「ピコフラクショナル」の2種類の治療を複合的に行う美肌治療です。1日で同時に2種類の施術を行うことで、肌の若返りに対するアプローチが強化された治療です。

こんな人におすすめです

毛穴の開きを
改善したい

小じわを
改善したい

凹凸のある
ニキビ跡を
改善したい

シミやくすみが
気になる

肌全体を
若返らせたい

肌質改善
したい

ピコトーニングが顔全体のシミやくすみを治療し、ピコフラクショナルは真皮層に働きかけて肌を傷つけずにニキビや毛穴の改善に働きかけます。肌の色調と肌質の改善が同時にできるので、高い効果が期待できます。

ピコトリプル

ピコダブルに加えて、ピコスポットでシミ取りを同時に行う治療です。ピコレーザーのすべてを駆使して美肌治療を行います。
目立つシミと美肌治療を同時に行うことができますのでコストパフォーマンスの良い治療とも言えます。

施術の副作用(リスク):軽い水泡、腫れ、ひりつき、熱感、痛み、赤味、乾燥等。

img_treatment_pico-laser_tattoo_01

刺青・タトゥー除去レーザー

ピコウェイは1064nm、532nmに加えて730nmの3波長のレーザーを搭載し、オールカラーのタトゥー除去に適応があります。
国内初、厚生労働省より刺青除去を目的とした薬事承認を認可されたピコ秒レーザーで、従来のナノ秒レーザーよる治療と比べ、ピコ秒レーザーは衝撃波によって色素粒子をより細かく不可視サイズまで粉砕することが可能となったため、タトゥーのある照射箇所への熱影響が少なくダウンタイムが短くなりました。
また、従来のレーザーでは2年程度の治療期間が必要でしたが、ピコウェイによるタトゥー除去は3か月おきに4-5回程度の治療で除去が可能です(個人差はございます)。これまでのレーザー治療の約半分の回数と期間で施術が終了するため、結果的にタトゥー・刺青除去にかかるトータルコストは安くなります。

FLOW OF TREATMENT

施術までの流れ

1

カウンセリング・診察

除去したい刺青・タトゥーがレーザー治療の適応かどうか、治療の流れ、アフターケア、
注意点などについて診察・カウンセリングを行います。

2

施術:ピコレーザー照射による
タトゥー除去

麻酔を行います(麻酔クリームもしくは注射による麻酔)。
クーリング(氷冷)をしながら、治療部位のタトゥーにレーザーを照射します。 
照射直後は皮膚表面が白く反応し、少し盛り上がります。
周囲は赤くなり、出血を伴う場合があります。照射後もクーリングを行います。

3

アフターケア

軟膏を塗ってテープを貼ります。数日間同様の処置を患者様自身で行っていただきます。
このとき絶対に掻いたりこすったりしないで下さい。

4

施術後の経過・注意点

レーザー照射部位にはうすいかさぶたのようなものができますが、
1週間から10日程で自然にはがれてきますので、
絶対に無理に剥がさないでください(かさぶたはできないこともあります)。
治療後日焼けは絶対に避け、腕や足などの露出部位の場合は
必ず日焼け止めを使用してください。再照射は3ヵ月後以降となります。
必要な照射回数には個人差がありますが、5~10回位が目安です。

●タトゥーレーザー除去のリスク

熱傷:タトゥー除去に使用するピコ秒レーザーは熱を拡散させにくいレーザーなので、熱傷のリスクは大きくはないですが、水泡形成などの反応を起こすことがあります。
その場合、後に色素沈着を生じ、しばらく残ることがあります。

色素脱失:繰り返しレーザーを照射することにより、本来あるべきはずのメラニンまでも薄くなってしまい照射部位の肌が周囲より白くなってしまう状態です。生じると治すことは難しいと言われています。多数回のレーザー照射になると生じやすくなります。

タトゥー残存:最終的にどうしても一部色素が残ってしまうことがあります。カラータトゥー(黒以外)は反応が悪い場合があり、黒であっても色素が非常に深い位置に入っている場合やレーザーに反応しにくい材質の色素の場合などは何度照射しても完全には取れない可能性があります。

料金表

ピコレーザー

回数 価格
全顔1回 15,000円
全顔5回 60,000円
全顔10回 94,000円
回数 価格
全顔1回 20,000円
全顔5回 80,000円
全顔10回 130,000円
部位 価格
ピコスポット1か所(5ミリ以下) 10,000円
ピコスポット1か所(10ミリ以下) 12,500円
ピコスポット1か所(15ミリ以下) 15,000円
ピコスポット1か所(20ミリ以下) 17,500円
ピコスポット取り放題(20個まで) 50,000円
回数 価格
1回 35,000円
5回 120,000円
10回 200,000円

タトゥー除去

サイズ 価格
ハガキ大(15×10㎝) 60,000円
表面麻酔ハガキ大 3,000円
局所麻酔注射ハガキ大 5,000円

ハガキ大より大きな刺青・タトゥーの除去はハガキ何枚分かを診察時に確認しご料金をお伝えします。

ご予約はこちらから